【脱毛しました】毎朝の髭剃りを辞めて、家庭用脱毛器で脱毛した理由
TT

毎朝髭剃りが面倒。永久脱毛は高いし、サロンに何回も通う時間もないんだよね。おすすめの脱毛法はないかな?

KK

それなら家庭用脱毛器1択だね。その理由を詳しく解説してあげよう!

こんな悩みを解決!

  • 脱毛したいけど、お金をかけたくない。
  • 仕事が忙しく、脱毛サロンに行く時間がない。
  • あまり痛いのが苦手。

毎日、ルーティーンの中でも避けられないのが、ひげ剃りを始めとする毛の処理です。肌を痛める上、時間も要する為、良いことが何一つとしてありません。

🔶

🔶

🔶

だからといって、永久脱毛は高いし、そこまでは・・・

🔶

🔶

🔶

そこで!実際に脱毛できている脱毛法をご紹介!

じっくりご覧いただけますと幸いです。

脱毛の原理

 毛の根元にある、毛乳頭を破壊することで、毛の成長を止め、永久脱毛が可能。ただし、脱毛サロンで毛乳頭を破壊すると医師法違反になるため、永久脱毛は不可能とされています。実質一時的な減毛効果にとどまります。

3種類の脱毛法とは

  1. 自宅で簡単に出来る家庭用脱毛器
    →Amazonや楽天などネットで手に入る
  2. 脱毛サロンで受けられる光脱毛
    →免許が不要の為、サロンによって効果がバラバラ
  3. 脱毛クリニックで受けられる医療レーザー脱毛
    →医師免許が必要で、皮膚の相談もでき安心

3種類の脱毛法の特徴は?

  1. 家庭用脱毛の特徴
    →コスパが良い上、効果も出る為人気No1
  2. 脱毛サロン特徴
    →通う回数が多くなる為、時間に余裕が必要
  3. クリニック特徴
    →永久脱毛ができるが、コスパがずば抜けて高い

3種類の脱毛法の比較

価格

効果

●家庭用脱毛器

サロンで施術できる光脱毛同様、特殊な光を毛根のメラニン色素に照射してダメージを与えるので、脱毛効果は感じられます。ただし、家庭用であるがゆえにパワーは弱いため、脱毛効果を感じにくいこともあります。VIOなどのデリケートな部分の脱毛や、肌が弱い人は脱毛サロンで施術したほうが安心できるでしょう。

●脱毛サロン

脱毛サロンでは毛根を破壊するほどの強い照射は出来ないため、永久脱毛は難しいと言われています。光脱毛器は主に3種類のSHR脱毛・SSC脱毛・IPL脱毛に分けられます。SHR脱毛以外の光脱毛器はメラニン色素の黒い部分に反応する光を使っているので、剛毛の人ほど効果が現れやすいです。

●医療脱毛

医療脱毛では、毛乳頭を破壊する為、最も痛みが強い反面永久脱毛が唯一可能の施術となっております。医療脱毛では、主に2種類のレーザー脱毛・ニードル脱毛に分けられます。レーザー脱毛は、一般的に「輪ゴムではじかれた程度」の痛みを伴うと言われております。ニードル脱毛は、毛穴にニードルを刺して電流を流す施術のため、レーザー脱毛や光脱毛とは比べものにならないくらいの痛みを伴います。そのため、痛みに耐えきれず途中で脱毛を断念してしまう人も少なくありません。

部位ごとの痛みランキング

脱毛前後で気をつけること

  • 初回は1週間ほど毛を生やした状態で行きましょう。
    →その人の本来の毛量などを見てから、レーザー照射の強さや回数を考えるためです。(医療脱毛)
  • 施術後に毛が生えてきたら、シェーバーで処理しましょう。
     →毛根ごと処理してしまうと次回の照射で効果が得られにくくなります。
  • 2回目以降は、シェービングで毛の処理をしてから行きましょう。
    →レーザーは黒色に反応する性質があるので、毛抜きで毛根から毛を抜いてしまうと効果が薄れてしまいます。

施術後は、肌は敏感で乾燥しやすい状態ですので、日焼け・乾燥には十分に注意しよう!

脱毛と永久脱毛の違いはなに?
脱毛は、一時的にムダ毛を除去する事を言います。なので、一定期間を過ぎると生えてきます。永久脱毛は、毛の根元にある、毛乳頭を破壊するため、毛の成長を止める事を言います。永久脱毛をしたい方は、医療脱毛を行う必要があります。