「睡眠不足ではないですか?」良質な睡眠法を手にいれる9つのポイント!
TT

最近睡眠不足で集中力が低下しているんだよね〜

KK

それなら、睡眠の質を上げると解決できるよ!

こんな悩みを解決!

  • 寝ても疲れが取れない
  • ストレスを感じる
  • だるさ・倦怠感を感じる

 人生の1/3が睡眠です。貴重な睡眠の質をあげ、人生を豊かにしていきましょう。睡眠の質を高める良質な睡眠法とは?睡眠不足を解消する9つのポイントを解説します!

睡眠とは?

 睡眠には「脳や身体の休養」「疲労回復」「免疫機能の増加」「記憶の固定」「感情の整理」などの役割があります。睡眠不足だと風邪をひきやすくなったり、高血圧や糖尿病の原因にもなります。


良質な睡眠法を大公開(9つのポイント)

  1. 快眠アイテム「枕」
    →快適な寝姿勢を保ち、首や肩にかかる圧力を分散させ、負担を低減してくれる枕をおすすめします。寝ている間に整体効果を得られる整体枕として特許を取得しているゴッドハンド整体師の作った『整体枕』は、寝ているだけで、快眠だけでなく、首や肩の痛みが魔法のように取れると言われています。
  2. 快眠アイテム「マットレス」
    →体圧を分散させ、寝姿勢を保持するマットレスをおすすめします。独自開発で、人間工学に基づいた形状で設計された【SOMRESTA】はぐっすり快眠できる良いサイクルを提供しています。
  3. 快眠アイテム「休息サプリ」
    →すこやかに短時間で深い睡眠へ導いてくれます。国内初の休息データを元に開発されたネムリス【初回980円】は、満足度の高い爽快感の溢れる毎朝を持続的に体感できると言われています。
  4. 快眠アイテム「アロマ」
    →アロマの香りが視床下部に直接働きかけることで、気持ちが落ち着き、心身ともにリラックスできます。徐波睡眠が増え、熟眠感が高まる効果のある、ぐっすり睡眠アロマは中等度の不眠傾向者のうちの半数で不眠傾向が改善したと言われています。
  5. 就床前の刺激物はさけよう
    →カフェインには覚醒作用があり、摂取してから30〜40分は持続するため、寝つきが悪くなったり、睡眠が浅くなったりします。
  6. 就床前にスマホ・パソコンはやめよう
    →スマホやパソコンの光によって、脳が「昼間だ」と錯覚を起こし、眠りが浅くなったり、疲れが取れなくなります。
  7. 起床時は朝日を浴びよう
    →目が覚めたら太陽の光を浴び、体内時計をスイッチオンしましょう。
  8. 同じ時刻に毎日起床しよう
    →休日も含め、毎日起床時間を3時間以内にすると体内時計のリズムが整います。
  9. 昼寝をしよう
    15〜20分程度昼寝をすることで、午後の眠気を低減する効果があります。昼寝をする前に、カフェインを服用し目覚めた直後にまぶしい光を照らすことで、起床時の眠気を低減する効果があります。

レム睡眠・ノンレム睡眠とは

 レム睡眠というのは、眠っていても眼球が動いている、眠りの浅い状態。いっぽうのノンレム睡眠は、眼球が動かない眠りで、ぐっすり寝ている状態です。夢を見ている時は、レム睡眠の時です。眠りにつくと、初めにノンレム睡眠から始まり、1時間ほどでレム睡眠に変わります。約90分周期で変動し、1晩で睡眠リズムを4〜5回繰り返します。

睡眠時間はなぜ年齢によって違う

 体内時計の加齢変化によって、生体機能のリズムが前倒しになるからです。子供においては、前半に深いノンレム睡眠が多く出現するため、途中での目覚めはほとんどありません。高齢者では、前半の最初のノンレム睡眠自体がやや浅くなるため、少しの音などで起きるようになります。

ショートスリーパーとロングスリーパーとは

 ショートスリーパーとは、その名の通り、睡眠時間が短い人の事を指し、ロングスリーパーとは、睡眠時間の長い人の事を指します。一般的には、1晩で睡眠リズムを4〜5回繰り返すので、7〜8時間睡眠が必要となります。

  • ショートスリーパーの特徴
    レム睡眠が短く、ノンレム睡眠が長いため、夢を見ずに深く眠っていると言われています。
  • ロングスリーパーの特徴
    寝つきが悪いため深い眠りが訪れるまでに時間がかかり、浅い睡眠を繰り返す傾向があります。

本日のポイント

 睡眠方法を変えるだけでも、パフォーマンスが劇的に変わります。

9つのポイントの内1つでも取り入れるだけで効果は出ますので、

まずは試してみてください。

時間がない方は、快眠アイテムのどれか1つから初めてみると良いでしょう。

まずは、1番効果的な枕からお試ししてみてください。

枕のオススメはこちら→ゴッドハンド整体師の作った『整体枕』