【せどり始めよう】知らなきゃ損・・・いがいと厳しいダンボール規約とテクニック【9個】
TT

ダンボールってどんな大きさでもいいの?

TT

商品の隙間埋めるものって何でもいいの?

KK

規約違反するとアカウント停止になるから気をつけて!

こんな方におすすめ!

  • 仕入れた商品をAmazonへ納品したい
  • ダンボールのAmazon規約がよくわからない
  • 家にあるダンボールを使っていいのかわからない


こんな悩みを解決できるまとめ記事です!

本記事の内容

①Amazonダンボール規約【6個】
②ダンボール入手方法【3個】


必要最低限の準備物をまとめました!
1つずつチェックしていってくださいね!


Amazonダンボール規約【6個】

①ダンボール重量規約
②ダンボールサイズ規約
③ダンボールカスタム規約
④商品隙間の緩衝材規約
⑤メーカーロゴ入りダンボール規約
⑥ダンボール破損規約

ダンボール入手方法【3個】

⑦家にある再利用ダンボール
⑧購入したダンボール
⑨ドラッグストアで無料入手

KK

規約は絶対!しっかり目を通しておこう!

Amazonダンボール規約【6個】

KK

規約違反しないように確認しっかりしておこう!

①ダンボール重量規約

ダンボールに入るだけ詰め込んで、重量確認せず出品!


規約違反だとすると、着払いで受け取り拒否されるので注意してくださいね!

重量の目安は、15kgと覚えておきましょう。



15kg以上になると、ダンボールの側面に「重量超過」の文字を記入しましょう。

これだけでOKです!

重そうなものは、全部に重量超過って書いてたな・・・

ダンボールサイズ規約

何個もダンボール使うと送料もったいないからといって、
バカでかいダンボール使ってはNG!


そもそもダンボールが大きすぎると納品が大変ですよ・・・

サイズの目安は、3辺160cm以内と覚えておきましょう。



持ち込み大変だから、集荷にするといいですよ!

③ダンボールカスタム規約

結構やりがちなダンボールカスタム・・・


ダンボール同士重ねてガムテープで止めて・・・


速攻・・・返送されますから絶対やっちゃダメですよ!


商品サイズに合わせて加工するのもダメです!

ダンボールはサイズ通りに納品しよう!

④商品隙間の緩衝材規約

ダンボールにぴったし商品を詰め込めない場合、隙間は埋めましょう!


商品やダンボール破損に繋がります。


その隙間に何でもかんでも入れてはNG!


OKとNG確認して隙間を埋めてくださいね!

OK緩衝材

●クッション
●エアピロー
●紙

NG緩衝材

●クリンクル(しわ加工)ラップ
●シュレッダー済みペーパー

緩衝材で新聞紙が大活躍するんだよな〜

⑤メーカーロゴ入りダンボール規約

何だそれ!?


ダンボールを流用する時にやりがちな規約違反です。


納品する前は、ダンボールに記載されている文字は確認しておこう。


メーカーのロゴや商品名の情報が記載されている場合、上から塗りつぶしましょう!


使用不可ではありませんので、ご安心ください。

あんまり気にした事ないけどね・・・

⑥ダンボール破損規約

綺麗なダンボールを使いましょう!それだけです。


耐久性の低いものは、配送中に破損する恐れがありますので、おすすめしません!

頑丈な商品を詰め込んで納品した事あったな・・・

ダンボール入手方法【3個】

ダンボールをうまく入手しないと、
出費が大変なことになります!


効率よく、キミにあった方法を活用しよう!


3つ紹介するので、ぜひ確認してみよう!

⑦家にある再利用ダンボール

ネットで日用品など購入すると、ダンボールで送られてきますよね?


そのダンボールを再利用するパターンです。


無料で使い回せるので、かなり良い方法です!


注意するとすれば、小さすぎると納品個数が増えるので送料がかかります。

3辺100cm〜160cmであれば、ベストですね!

ベストなダンボールって中々無いもんだね・・・

⑧購入したダンボール

これが一番おすすめです!


ベストのダンボールを購入すれば、商品がいっぱい入って、送料も削減できます!


購入したダンボールは経費で落とせますので、ネットもしくは、店舗で購入しましょう!

このダンボールで得られる利益を考えると安いもんだ!

⑨ドラッグストアで無料入手

「すみませ〜ん、ダンボール余ってませんか?」


これだけでOKです!


「トイレットペーパー入っているダンボールくらいの大きさのものが欲しいです〜」


サイズも指定してあげるとどっさり出てきます。

大体140〜160cmくらいのサイズです!

店側からしても再利用されて喜んでいる!・・・はずだ・・・

まとめ

Amazonは、規約に非常に厳しいです!


これでもいっかという判断が、アカウント停止になったりします。


規約はしっかり守り、ガンガン稼いでいきましょう!!

人生は一度きり!最高の人生を手に入れよう!